家の模型

土地や不動産を購入するときの流れを知ろう

  1. ホーム
  2. 主観が入るので注意

主観が入るので注意

女の人

比較することが重要

不動産査定を業者に依頼するとある価格を出してもらうことができますが、この価格はどのようにして計算されているのでしょうか。個々の不動産で状態も立地も大きく違うので、簡単に計算式に当てはめて求められるものではありません。唯一、信頼性高く計算できるのが路線価であり、固定資産税評価額や相続課税額などを決めるために一律で求められる形式が定められています。これによって土地の査定が行われる場合もありますが、必ずしも現況を反映している値ではないのでそのまま用いられるとは限りません。業者によって査定を行う際の評価基準が定められていて、誰が不動産査定を行っていても同じように結果が出せるようにしている場合もあります。しかし、ある基準を満たしているかどうかで減額するかどうかを決めるといった形で基準値から増減を行って評価するという形が取られているのが一般的です。そのため不動産査定には多かれ少なかれ査定をした人の主観が入ってしまうことになります。誰が見ても明らかな部分については主観が入ることはありませんが、良い、普通、悪いといったような三段階評価あるいは五段階評価などを行うときには感性による評価になってしまう面があることは否めません。このような形で評価されていることが多いため、比較をすることが重要になります。同じ業者に依頼しても担当者の違いによって査定価格が変わる可能性すらあるので、一つの結果で納得しないようにしましょう。